日本初 黒い羽のナプキンが登場

P&Gの商品広報担当者いわく、「生理用ナプキンに黒い色を使うという過去に前例のないアイディアに社内でも賛否両論ありましたが、試作品への消費者の反応の強さで発売が決定しました」黒色素材の開発や申請など課題をひとつずつ乗り越え、構想から約2年を経て、ついに商品化にこぎつけた。



私も試しに使ってみたのだが、濃い色のショーツをはいても、折り返した羽やはみ出したナプキンのフチが目立たないのは思った以上に嬉しい。

ラグジュアリーな黒いトイレットペーパー (Bit)「黒ワイン」って知ってます。なんでも番組内で松嶋さんが、「生理の時は濃い色の下着をつけることが多いから、黒い羽根のナプキンが欲しい!」と強く希望したことが開発のきっかけなのだとか。

オセロの松嶋尚美がプロデュースした、日本初の黒い羽根の生理用ナプキン『ウィスパー black』(製造販売元:P&G)が、4月25日から全国発売されることになり17日、テレビ大阪の局内で発表会見が行われた。薬事法の制約で実現が難しかった黒いナプキンを、素材の開発や申請などさまざまな課題を乗り越え、やっと商品化できたという。

ついに実現した念願の黒いナプキンに松嶋は「女子の強い味方になると思うし、ガッツリ売れると思います!」と自信たっぷり。さて、前代未聞の画期的な商品だけに、友人や周りのスタッフからの反響が大きく「すごく評判がいい」と十分な手応えを感じている様子の松嶋は「これは世界中の女性たちに売れる! と思って、黒いナプキンのアイデアで"世界特許"取ろうと知り合いに計算してもらったら、『三桁の億(=数百億円)は儲かる』と言われてその気になっとってん!」と大儲けを企んでいた。

また、裏の色が黒いため、丸めて捨てるときに経血の色が目立たず不快な気持ちを減らすとのこと。

日本で初めての黒い羽と黒いバックシート採用で、生理の時に多くはかれる濃い色のショーツでも羽や縁が目立たないとのこと。この企画は、番組内で松嶋さんが「生理の時は濃い色の下着をつけることが多いから、黒い羽のナプキンが欲しい!」と、強く希望したことがきっかけでスタートし、黒色素材の開発・申請等、様々な課題を乗り越え、構想から約2年、ついに商品化が実現したという。




Home |  Category:未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment
    

画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。

Home   Top
 
最近のエントリー
カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
検索フォーム

PoweredBy

Powered By DTIブログ