あなたは大丈夫?欲望感じていますか?

《伝説の香水が今度はサプリに!》今度のXYZは20倍!?【至極の媚的モテサプリ】XYZサプリ【メンズストア【stmx店】】《伝説の香水が今度はサプリに!》今度のXYZは20倍!?【至極の媚的モテサプリ】...
3,129円

伝説のモテ香水が、今度はサプリに!その威力は2代目XYZ石鹸の20個分!?
Ads by 電脳卸


生理的欲求とは、いわゆる人間の三大欲求と言われる食欲・性欲・睡眠欲です。
人間の性欲(大脳性欲)にとって、性ホルモンよりも外界からの視覚・聴覚・触覚といった刺激で大脳皮質が興奮、性中枢が刺激を受けて性欲・性行動を起すと考えられる。
女性の性反応は、骨盤内の充血によっておこる腟潤滑液などの生理的反応と,心理的な高揚感に分けて考えるようになってきました。
そのため、専門用語とは異なる語彙を駆使、読んだ後で、知ったかぶりで”ウンチク”を他人に披露しないようご注意申し上げる。
普段はこれらの興奮が影響しあわないように、大脳皮質にある自我や超自我の機能がコントロールするが、本能と自我、超自我のバランスがふとしたきっかけで崩れたとき、三つの欲望が結びつき、性犯罪を引き起こすことになる。
つまり、成人の性欲は脳と性器による性欲であり、幼児の性欲は未熟な脳と五感で快感を得る性欲だということ。
ということで、近代における日本の性・性欲から、解説することになる。
この学習が同性に対して行なわれるならばそれは生殖行動の基準とは一致しませんし、性同一障害といいますのはある意味で「例外体質」です。
しかし、ここではやはり庶民派研究者らしく「性欲」というものを解説してみようと思う。
しかし、人間の脳科学の研究は様々な問題で一気に解明されるという性格のものではないため、未だ道半ばな状況なので、現在のところ「そうだと思う」としておきたい。
安全への欲求とは、自分や家族を危険から守りたいという欲求、社会的欲求とは、仲間はずれにされたくない、人から愛されたいという欲求、自我欲求(または自律欲求)とは、自分の能力に自信を持ち、また他人からも認められたい、尊敬されたいという欲求を言います。
そして最高位の自己実現欲求(または自己発現欲求)とは、自分の潜在的能力を顕在化させたいという欲求で、この欲求は無限大(満たされることはない)だそうです。
大脳・新皮質の発達が未熟な乳幼児の性行動や大脳の一部が崩壊した老人などの性行動は、例え人間であっても、その性欲求行動は、この「本能性欲」に属するものと考えられている。
たしかに、人間の性欲・性行動が脳と性ホルモンと外界からの刺激の総和というグロスマンの言葉を裏付けている。
女性の性反応は、骨盤内の充血によっておこる腟潤滑液などの生理的反応と,心理的な高揚感に分けて考えるようになってきました。
当時「幼児性欲」という概念は常識的に受入れがたいものだったが、フロイトの「幼児性欲」の性欲は成人の性欲とは異なる現象における性欲を意味していた。
食欲、性欲、攻撃性の中枢はそれぞれ近接しており、互いに影響しやすい状況にある。
本来は江戸以前の日本の性文化こそが、社会学上比較に重要なはずなのだが、残念ながら「養生訓」「女大学」などの社会学的文献も少なく、研究の対象とはなり得ないようだ。
では、独り身の年寄りに新たな恋愛をすることができるのは、それはかつて恋愛の幸福感を報酬として学習しているからです。
なぜなら、生物が本能として持っている「本能性欲」(造語)と人間がコミニケーションなどのセックスにおける「大脳性欲」(造語)は、我々の脳の中で複雑に関係連携し合っている「統合性欲」(造語)だからである。
グロスマンによると、「性衝動」とは、「ホルモンと中枢神経」と「外的刺激の総和」だと定義している。
現在では性欲を本能とは言わず「性衝動」という言葉で表現するのが正しいようだが、ここでは「性欲」で押し通す。
幼児期の性欲はある意味で倒錯した性欲というもので、性感が性器に集中していない状況での「性欲」についてだったのだ。
女性の性反応は、骨盤内の充血によっておこる腟潤滑液などの生理的反応と,心理的な高揚感に分けて考えるようになってきました。
Home |  Category:未分類 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home   Top
 
最近のエントリー
カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
検索フォーム

PoweredBy

Powered By DTIブログ